「デッサンの前と後ろ」が佐大美術館でスタートしました。

美術・工芸課程の1年生が取り組む素描Ⅰの授業を展覧会として公開するという試みです。学生は、石膏デッサンの描写を通して、表(前)に現れる形と質、そしてその(後ろ)にある見方、考え方、姿勢を学んで行きます。

IMG_0902

IMG_0900 IMG_0903

IMG_0904 IMG_0898

美術館の開放的な空間に多くの石膏像が配置され、学生は描きたい像を描きます。最終日に予定されている講評会に向け、他の授業の無い空き時間に描き進めなくてはならない学生は休みなしです。しかも、美術館の開館時間内という条件付き。

IMG_0906

会場には過去の卒業生の優秀な作品も展示されています。

IMG_0899

会場には学生と共に小木曽先生が描かれている姿もありました。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中